Take It Easy

チャリ&ラン…たまにはまじめに勉強。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

技術士試験見直し

気が付けば今日で6月も終わりだ。今年も半分が過ぎてしまった…。

ここ最近はホント忙しい。仕事が全然片付かない上に、来週に迫ったセミナーの添削。自分の勉強は全く進んでいない。さらに、セミナー当日の演習問題作成の指示が…。

幸いにして自分が担当した「リサイクル」は事前課題で選択した人がいなかったので、それをそのまま当日の演習問題にしようかな…。現在、完全に自分のキャパを超えているため、新たに問題を作成する余裕は無し。申し訳ないけど、これで勘弁してもらおう。<(_ _*)>

さて、数日前の建設新聞に技術士資格試験の内容を見直すとの記事があった。 結構前から色々と噂になっていたけど、やっぱり13年度に一次試験、二次試験ともに見直すことを文部科学省が正式に決めたらしい。

二次試験では必須科目を記述式から択一式に変更。マークシートの復活である。採点者の苦労を考えるとマークシートで足切りを行うのも分かるが、今までとは勉強の仕方も変えざるを得ないだろうな。

選択科目は課題解決能力を問う問題を新設するらしい。現在の必須科目で問われる「論理的考察力と課題解決能力」が選択科目で問われるのか?記事を読んだだけではイマイチよく分からなかったけど…。

技術的体験論文のことは書かれていなかったけど、口頭試験は45分から20分に短縮されるらしい。一気に半分以下かよっ! でも、20分じゃ、受験者からのプレゼンは無いだろうし、ほぼ質問攻めで終わりそう。しかも、かなり手短に的確に答えなければ20分なんてアッという間だろうな。これはこれで大変かも。

とりあえず、新聞の記事によると総合技術監理部門を除く技術部門で見直すとあったので、総監に関しては今まで通りで良さそう。試験内容の見直しがあると過去の傾向や今までのノウハウが通用しなくなるから…。

総監も試験内容が見直される前に取得したいと思ってはいるけど、勉強は全く進んでいない…


スポンサーサイト
[ 2012/06/30 20:47 ] 資格 | TB(0) | CM(0)

今日のジテツウ

今日も帰りがこの時間になってしまった。。。

仕事は未だ先が見えないし、添削も思うように進まないし、ど~したものか。は~ぁ。

で、帰りがこんな時間になっても、もちろんチャリ通。街灯のない豊平川の河川敷を疾走。この時間になると人通りがないので走りやすい反面、「親父狩り」が心配。基本、へタレなんで…

今日、気付くとチャリの積算距離が6,000kmを超えていた。今のチャリにしてから順調に距離が延びている。タイヤを換えてからは1,000km弱。

ここまではパンクもなく順調そのもの。走りも軽くなり快適。まぁ、空気圧管理には結構気を使っているけど…。

今年はまだポタリングに全然行ってない。札幌もようやく暖かくなってきたし、ストレス発散のためにプラッとポタリングにでも行きたいなぁ~。

20120627000.jpg

[ 2012/06/27 23:28 ] チャリ | TB(0) | CM(0)

時間が足りない

いやぁ、ホント時間が足りない。

前に書いたけど、今は自分の勉強をしながら人の添削もしている。添削なんて初めての経験なんで、どうやっていいのか、よく分からない。でも、せっかく添削をするんだから、誰が読んでも「A評価」になるようにアドバイスをしたい。

師匠に聞いたり、APECさんの資料を読んだり、悪戦苦闘中。

そこにきて、仕事が激務に…。昨日、新たな業務がきて、納期が来週いっぱいと時間が全然無い。しかも「この中身で2週間!?ムリじゃねっ??」というくらいのヘビー級。

まぁ、直ボスには「中身の重いものがきたら、Garneauお前が担当な!」と常々言われている。あぁ~なんて信頼されているんだろう(笑)ホント安い給料でこき使いやがって!

さて、愚痴はこれぐらいにして、これから添削と勉強を始めよう。もう日付が変わってしまう。はたして、何時までもつことやら…。

[ 2012/06/26 23:32 ] 業務 | TB(0) | CM(0)

添削指導

7月にSukiyaki塾で添削セミナーが行われる。

受講生に事前課題について論文を書いてもらい、その添削を行う。建設一般1問と専門1問。

施工計画は範囲が非常に広い。専門に関しては、コンクリート、大規模掘削、リサイクル、安全管理、原価管理、入札・契約の6問を用意して、受講生に選択してもらう。事前に講師陣で担当の割り振りを行った。自分はリサイクルの担当となったが…。

6問用意したからといって、受講生がうまく分かれるとは限らない。案の定、コンクリートと原価管理が重なってしまった。自分の担当だったリサイクルはゼロ。は~ぁ。

で、何が回ってきたかと言うと…大規模掘削!ん~、ただでさえ添削なんて初めてで、うまく出来るか分からないのに大丈夫か…?

まぁ、ボランティアだからといって、手を抜こうなんてもちろん考えていない。自分でも勉強しながら、師匠にもアドバイスをもらいながら、何とか受講生の一助になればと悪戦苦闘中。

それにしても自分のキャパの狭さを痛感する。仕事、自分の勉強、人の支援とフローぎみ。日に日に睡眠時間が短くなっていく。

[ 2012/06/22 21:16 ] 資格 | TB(0) | CM(0)

とりあえず申込んだ

散々迷った挙句、土木学会の土木技術者資格の申込みを行った。

申込んだのは上級のAコース。自分の経験からいくと1級が妥当な気がするが、今さら1級には魅力を感じないので、無理を承知で上級に挑戦。資格取得が目的ではないのであえてAコース受験。

受験の申込みはネットで出来るので簡単と言えば簡単。でも、技術士の願書より書かなければいけない項目が多いので結構大変。名前や勤務先、学歴といった基本事項はもちろん変わらないけど…。

まずは業務経歴書。主な業務内容を100~140字で書かなくてはならない。技術士の時も同様だけど、技術的課題を織り込みながら、自分の成果が分かるようにまとめた。まぁ、自分の場合は技術士の時にかなりあっさりと業務内容をまとめて口頭試験で痛い目をみたので、今回はキッチリと書いたつもりである(笑)

次に何と言っても「業績に係わる事項」これが問題。1,000字程度で記入…1,000字って結構な量だよなぁ。しかも業績に係わる事項…一体どんな事を書けばいいのやら?

これとは別に「経験に係わる課題」という経験論文的なものもある。まぁ、技術士やRCCMなどの有資格者はこの課題は免除されるけど、この課題があるということは「業績に係わる事項」は経験論文とは違う??

とにかく何を書いていいのか、全く分からなかったけど、技術士の体験論文と同じテーマで1,000字以内にまとめた。

とりあえず、願書の送付と受験料の振込みは完了。あとはこの内容で書類審査が通るかどうか。前にも書いたけど、受験資格がパス出来るのかが気になるところ。

[ 2012/06/17 21:18 ] 資格 | TB(0) | CM(0)

祝杯

昨日は飲み会だった。

部署内の飲み会ではなく、昨年の技術士口頭試験で偶然にも同じ日に東京で試験を受けた人と飲みに行ってきた。そのUさんとは同じ会社ながら今まで面識がなく、昨年の試験がきっかけで知り合いとなった。

でも、勤務地が札幌と釧路と遠く離れているため、中々会う機会がなく、東京以来の再会である。Uさんも無事技術士に合格したため、今さらながらの祝杯を一緒に挙げた。 師匠にも参加してもらって、とても有意義な時間を過ごせた。

同じ組織に属していても、皆が同じ方向を向いているわけではない。今回のように同じ方向を向いている人たちとしか話せないこともある。でも、ちょっと暴走したようで、師匠にたしなめられた。 いつも、すみません。<(_ _*)>

そんなこんなで気付けば日付変更線を超えるまで飲んだくれていた。(笑)

今日一日は使い物にならない…はずだったが、午後から急遽打合せが入ってしまった。まぁ、業務的には無問題。ほとんど雑務のような中身で時間も貰えたのでたぶん楽勝。来週前半には片付くだろう。

[ 2012/06/14 20:39 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

盗難被害

朝起きて、外を見るとなぜか物置の扉が全開状態。あれ?と思って、物置を見に行くと…

車のタイヤが無い。。。 泥棒かよっ!!

仕方がないので、警察にすぐ電話。被害届けを書いたり、状況確認をしたりとバタバタした朝となってしまった。おまけに被害に遭った物置を指差し、傍から見ると非常に間抜けな格好で状況写真?を撮られるし…。最悪な週末の目覚めだった。

警察には「車両なら製造番号があるけど、タイヤだからねぇ~」と言われ、これは見つからんなと。まぁ、警察もこの程度の被害じゃ本気で捜さないだろうし、泣き寝入りしかなさそう。。。

冬タイヤなので、今すぐ必要ではないけど、4本で諭吉10人は飛んでいくなぁ~。痛い出費だ。

[ 2012/06/09 12:46 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

施工パッケージ型

どうも、garneauです。いやぁ、日本代表の試合はスカッとしたわ。本田のハットトリックもあって、6-0の圧勝。勉強もせず、見入ってしまった(笑)

で、今日は昼から講習会に参加してきた。内容は建設物価調査会主催の「国土交通省土木工事積算基準の改正事項等説明会」で、積算に携わる人間にとっては、業務に直結する中身。

積算基準の中身に関しては、昨年から大きな変更は無いものの、目玉は何と言っても今年の秋から試行される「施工パッケージ型積算方式」の説明。

平成16年に導入された「ユニットプライス型積算方式」が大失敗だっただけに、国も色々と考えているようだが、はたしてこのパッケージ方式導入でどれだけの効果があるのか…?

ユニットプライス型は、直接工事費に共通仮設費、現場管理費の一部を加えてひとつのユニットとしていた。一方、パッケージ方式では、直接工事費のみをひとつのパッケージとして、間接費は従来通りの積上げ方式とするらしい。また、作業土工など施工量の変動が大きいものはパッケージを切り離し、変更しやすいようにするなど、ユニット方式の問題点を解消。

今日もらった国交省の資料によると受注者への効果として、

①元下間の契約の透明性向上
②価格の透明性向上

発注者への効果として、

①積算業務の負担軽減
②標準歩掛調査の負担軽減

などが挙げられていたが、本当に思惑通りにいくのか…。特に積算業務の簡素化が図られるという点については多いに疑問である。ユニット導入の時もこんなことを言っていたが、全く簡素化されなかった。。。

ユニットプライス→総価契約単価合意方式→施工パッケージと積算システムが色々と変化し、やらなきゃいけないこと、憶えなきゃいけないことが山積みである。発注者側が全然、理解していないことも問題であるが…。

まぁ、決まったものは仕方がないので、業務が比較的ヒマになる夏場にでも勉強するとしますか。

[ 2012/06/08 22:25 ] 業務 | TB(0) | CM(0)

迷い

去年、技術士の建設部門(施工計画、施工設備及び積算)に合格し、とりあえず最低限の目標は達成できた。で、次に目指す方向性について、正直、今は迷っている。。。

専門分野で合格したので、次に目指すは当然「総合技術監理部門」とは思っている。最近、総監の勉強も始めた。でも、今現在自分の置かれている立場で本当に総監が必要なのか?と考えることもある。もしかしたら、総監よりも他の専門分野の方が必要なのではないかとも思うわけで…。

色々と考えてはいるが、技術士の受験申込みは既に終わっている。今年はちょっとクールダウンしようかなと…受験の申込みはしなかった。少し時間をかけて今後の方向性を明確にしようと思う。

もう一つ迷っていることがある。

技術士を受験しないからといって、勉強しないわけではない。でも、目標無く、勉強を続けるのは非常に難しい。←ただ、意思が弱いだけだが…

そこで今年は違う資格を受験しようかなと思っている。今、考えているのは「土木学会認定土木技術者」である。この資格の上級土木技術者に挑戦しようと思っているが…。

この資格は賛否両論である。受験にAコースとBコースがあり、Bコースはある一定の条件を満たせば口頭試験のみで受験できる。裏口?OBの救済制度?なんて巷では言われている。そんな資格に価値があるのか?と思う部分もある。

私も一応技術士なので、Bコース受験が可能ではある。しかし、資格取得が目的ではない。自己研鑽が目的なので、Aコース(筆記試験)で受験するつもりである。Aコースの筆記は、過去問を見ると中々良問である。見識UPや今後の技術士受験を考えると決してムダではないはず。

でも、問題がひとつ。上級の受験資格は、「実務経験12年以上、その内責任ある立場で5年以上の経験年数を有していること」とある。ペーペーヒラリーマンの自分は書類審査ではねられる可能性有り。。。

まぁ、そうなったらなったで素直に諦めよう。今さら1級土木技術者を目指す気にはならないし…。ちなみに受験申込みが今月の1日から既に始まっている。迷っている時間はない。さて、どうしたものか?


[ 2012/06/03 21:41 ] 資格 | TB(0) | CM(2)
プロフィール

garneau

Author:garneau
h23年度に技術士(建設部門)に合格し、次なるステージに向けてモチベーションを維持するために始めたブログ。しかし、いつのまにか趣味であるチャリ&ランのことを綴るブログとなってしまった…(^ ^;)
まぁ、今後もチャリ&ランのことを書きつつ、たまには真面目に仕事&資格のことも書くのでよろしくお願いします。<(_ _;)>

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。