Take It Easy

チャリ&ラン…たまにはまじめに勉強。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今さらながら…

最近はすっかりチャリブログ化して、技術士試験とは程遠い中身となっている。

Sukiyaki塾では口頭試験セミナーの話しもチラホラと出てきているというのに、今頃になってようやく今年の試験問題を見た(^^;

今年から試験内容が変わったというのに全然見る余裕が無かった。(見る気が無かった!?)

で、どんな問題だったかというと、まずは選択科目Ⅱ-1

①工程管理手法について
②暑中コンクリートについて
③市街地における掘削土留めについて
④PFIについて


このうち2問を選択して、それぞれ解答用紙1枚にまとめる。1枚ということで、問題と解決策を述べるというより、概説や留意点、効果など専門知識を問われる内容。

次に選択科目Ⅱ-2

①コンクリートの養生、高炉セメントについて
②産業廃棄物の取扱いについて


こちらは1問を選択して、解答用紙2枚にまとめる。ただ、設問が(1)、(2)と分かれているので、目安としてはそれぞれ1枚程度か?2問ともにサプライズ的な中身ではなく、非常にオーソドックスな印象。

で、次の選択科目Ⅲが今年から新設された「課題解決能力」を問う問題。

①社会資本の維持管理・更新について
②労働災害について


去年までの建設一般に近い内容ではあるが、設問に「施工計画、施工設備及び積算の技術士として」と自分の専門的立場から述べるよう指示があった。(まぁ、当然といえば当然だけど…)

問題が小分け?されていたこともあって予想していたより、問題数の減少が少なかった印象を受けた。また、橋梁やトンネルといった専門性の高い問題は無くなっていた。(こっちは予想通りか?)

全体的にはそれほど捻った問題もなく、非常にオーソドックスな印象を受けた。来年以降の傾向として、だいぶ感じは掴めたかな??でも、今まで以上に勉強は手広くいかなくてはダメなような気がする。

ちなみに口頭試験では選択科目Ⅲについて試問がある。受験した人たちは試験後、自分の論文を復元しただろうか?

スポンサーサイト
[ 2013/09/27 23:59 ] 資格 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

garneau

Author:garneau
h23年度に技術士(建設部門)に合格し、次なるステージに向けてモチベーションを維持するために始めたブログ。しかし、いつのまにか趣味であるチャリ&ランのことを綴るブログとなってしまった…(^ ^;)
まぁ、今後もチャリ&ランのことを書きつつ、たまには真面目に仕事&資格のことも書くのでよろしくお願いします。<(_ _;)>

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。