Take It Easy

チャリ&ラン…たまにはまじめに勉強。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ニューマシン検討 其の弐

ニューマシン検討その弐。

デザイン的にも性能的にも欲しいモデルは沢山あるけど、上を見たら切りが無い。。。

では、自分の予算で買える範囲ではどんなのがあるのか…?

まずは、現車(クロスバイク)のメーカーであるLOUIS GARNEAU。ハンドルネームでもあるので、次もこのメーカーと言いたいところだが、ルイガノは街乗りというか、ファッション性が優先されているイメージで評判も決してよくはない。(_ _;)

なので、今回は最初から候補には入れず、他社で探すことにした。自転車界のトヨタ?GIANTはネットやショップでコスパ最強?とオススメされることが多い。

他にはFELT、CANNONDALEや日本のANCHOR(BRIDGESTONE)などを検討。自分の中では自動車=ドイツ、自転車=イタリアと勝手なイメージをしているが、DEROSA、PINARELLO、COLNAGOといったイタリアンバイクはやはりちょっと敷居が高い感じがする。(>_<)

GIANT DEFY1(アルミ 105)15万円
GIANT DEFY ADVANCED3(カーボン TIAGRA)19万円
FELT F75(アルミ 105)16万円
FELT Z6(カーボン TIAGRA)18万円
CANNONDALE CAAD8(アルミ 105)17万円
CANNONDALE CAAD10(アルミ 105)21万円

カーボンを選ぶならコンポはTIAGRA、アルミを選ぶならコンポは105といった感じ。この中でもCANNONDALEのCAAD10はカーボンキラーと言われ、ネット等での評判がすこぶる高い。

ちょっと予算的にはオーバーではあるけど、CAAD10が一番候補かなぁ…と考えつつ、実車を確認するためにショップへ行ってきた。

ショップの店長にもCAAD10はオススメですと言われ、デザイン的にも不満は無かった。ただ、CAAD10は高性能ではあるけど、振動吸収性はやはりカーボンには敵わないとも言われた

そんな説明を聞きつつ、店内を見ていたら「おぉ!これは!」という一台が目に留まった。

Willier IzoardXP(カーボン 105)22万円

Willierはこの時、初めて知ったメーカー。ちなみにイタリア(あっ、でもこのクラスはどこも台湾製)。デザイン的にはドストライク、カーボンでコンポは105。

もう、これしかない!とは思ったんだけど、予算的にはCAAD10同様にちょっと厳しい。(>_<) 

自転車に興味のない人は知らないだろうけど、この手のバイクって素ではホント何も付いてない。ペダル、スタンド、ライト…。ペダルも普通のフラットなものではなく、スキーなどの様にビンディングにするのが一般的。

それら付属品のことを考えると自転車本体で予算オーバーはさすがにムリ。ここはグッと堪えて、店を後にした。もう少し考えよう。。。

スポンサーサイト
[ 2014/10/11 13:25 ] チャリ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

garneau

Author:garneau
h23年度に技術士(建設部門)に合格し、次なるステージに向けてモチベーションを維持するために始めたブログ。しかし、いつのまにか趣味であるチャリ&ランのことを綴るブログとなってしまった…(^ ^;)
まぁ、今後もチャリ&ランのことを書きつつ、たまには真面目に仕事&資格のことも書くのでよろしくお願いします。<(_ _;)>

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。