Take It Easy

チャリ&ラン…たまにはまじめに勉強。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

受験動機

今日は「何故、技術士を目指したのか」について書こうと思う。

試験勉強に限らず、長期的な取組みはモチベーションの維持が難しい。モチベーションを維持するためにも「動機の明確化」は非常に重要だと感じる。

まず、前にも書いたが「顧客への信頼性向上」がある。第三者に自分の技術力を示すには「技術士」という資格は明確で分かりやすい。次に資格手当というインセンティブもあった。このご時世、ベースなんて中々上がるものでは無いので、資格手当というのは大きい。

しかし、一番の受験動機は「社内で自分が置かれた環境や待遇への不満」これである。私の会社は良くも悪くも「年功序列」がくっきりと残っており、頑張っている人や結果を出している人が報われない現状がある。

「そんな現状を打破したい」「何とかして風穴を開けたい」と思い、技術士を目指した。動機としてはかなり不純である。でも、これは勉強に取組むにあたって、もの凄いパワーになった。

技術士は、名称独占資格であるためコンサルなど一部の人を除いては必須の資格ではないかもしれない。たかが資格かもしれない。実際、試験合格後に上司から言われたひとこと…

「実務経験1年の人間と技術士は同列だ!」

いやぁ、実にありがたい言葉を貰った(笑)同じく合格後に尊敬する技術士の方からは「garneauさんの知識と今までの経験を国家が認めたということです」と言って頂いた。単純に「おめでとう」と言われるより嬉しい言葉であった。しかし、上司の一言でそれを「全否定」された気分である。

まぁ、幸いにして私の周りには仕事上のメリットが無くても技術士を取得した人、あるいは技術士を目指している人が沢山いる。目的意識が高く、熱い思いを持った人が沢山いる。そういう人たちと接することで自分もまた刺激を受ける。

資格取得で上層部の意識を変えることは出来なかったかもしれない。でも、自分自身が変われたことは実感している。資格取得で人脈を広げられた。これは自分にとって非常に大きいことであり、嬉しいことである。

スポンサーサイト
[ 2012/05/27 21:35 ] 資格 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

garneau

Author:garneau
h23年度に技術士(建設部門)に合格し、次なるステージに向けてモチベーションを維持するために始めたブログ。しかし、いつのまにか趣味であるチャリ&ランのことを綴るブログとなってしまった…(^ ^;)
まぁ、今後もチャリ&ランのことを書きつつ、たまには真面目に仕事&資格のことも書くのでよろしくお願いします。<(_ _;)>

最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。